壁ワイピング運動

〈スポンサーリンク〉



壁ワイピング運動とは?

壁ワイピング運動とは、壁に向かって立ち、上肢で壁を拭くような動作をすることです。

リハビリでも肩の訓練として、よく用いられるものの一つです。

言葉の由来は、車のワイパーの動きから来ているのでしょうか。

机で行う場合は、机上ワイピイング運動と言われています。

サンディングと同意語として使われることもあります。

目的は様々ですが、一般には肩関節の可動域拡大や上肢の筋力強化のために選択されることが多いと思います。

立位で行うものは、左右の重心移動も必要になりますから、

バランス能力の向上にも良いでしょう。

転倒には十分に注意が必要になりますが。

 

運動の方法

では運動の方法を解説しますね。

まず、壁に向かって立ちます。

足は少し広げてバランスを保ちます。

 

次に、タオルを持った片手を挙上します。

そのまま一側方向に重心移動を行いながら、壁を拭くように手を動かします。

次に、逆側の方向に重心を移動し、壁を拭くように手を動かします。

これを繰り返します。

 

慣れてきたら、左右だけでなく、

例えば円を描くようになど、運動の方向を拡大してみてもいいでしょう。

実際に窓で行えば、掃除もできて一石二鳥ですね。

 

ありがとうございました。

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉