THA(人工股関節置換術)の禁忌肢位 その3

〈スポンサーリンク〉



前回、前々回と、人工股関節置換術の禁忌肢位について、具体例を示してお伝えしました。

(1回目→こちら)、(2回目→こちら)。

今回はその続きです。

 

後方アプローチの禁忌肢位(おさらい)

前回もお話しした通り、脱臼は股関節を曲げる動作(屈曲)

内側に曲げる動作(内転)

内側にひねる動作(内旋)の複合運動によって起きてしまいます。

 

禁忌肢位の具体例~やってはいけない動作Part2

前回の続きです。

【 × 台に膝をついて登ること】

手術した方の脚を台について登ろうとすると、股関節が過剰に屈曲することになります。

 

【 × 台に足を乗せて、登ること】

股関節が過剰に屈曲するかたちになります。

膝も内側に入りやすくなり、禁忌肢位の屈曲・内転・内旋位になってしまします。

 

【 × 椅子に座ってお辞儀をする】

椅子に座って深くお辞儀をすると、股関節を過剰に屈曲することになり、

脱臼の危険性を生じさせます。

同様に座ったまま、床のものを拾おうとすると、脱臼の危険性があります。

【 × 足を内側に捻って靴下を履く動作】

脚を内側に捻って靴下を履く動作は、

股関節の屈曲・内転・内旋を強いることとなり、脱臼の危険性が高くなります。

 

もし安全に靴下を履くのであれば、次のような方法で行いましょう。

 

【 〇 脚を外側に捻って靴下を履くこと】

【 〇 立位で、脚を後ろ側から靴下を履くこと】


【 × 内股座り】

反対に胡坐はOKです。

【 〇 胡坐】

人工股関節置換術の方は、胡坐を安全に行えます。

ちなみに膝関節置換術や腰部の疾患の方にとっては、胡坐はNGです。

 

【 × ほおづえをつく】

ほおづえだけなら問題ないですが、

イラストのように、脚を内股にして行うと、危険性はあります。

まあ、そんなに気にしなくてもいいとは思いますが‥。

 

終わりに‥

数回に渡って後方アプローチの禁忌肢位について説明してきました。

脚を組んだり、曲げすぎないように注意することが必要です。

両脚の間隔を広げるようにすると、比較的安全です。

また、脱臼のほとんどは、術後3ヵ月以内に起こり、

術後1か月までが最も多いと言われています。

3ヵ月までは、特に注意が必要ですね。

 

ありがとうございました。

 

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉