腹筋・腹斜筋の筋力強化(座位でできるバージョン)

〈スポンサーリンク〉



以前、腹筋のトレーニングをいくつかご紹介したことがあります。

(腹直筋は→こちら

(腹斜筋は→こちら

 

本日は、座位でできる腹筋のトレーニングです。

簡単に行えるため、高齢者にも受け入れやすい運動です。

自分で負荷量を調整できるため、それぞれの体力に合わせて行えるのも良い点です。

 

運動の方法

まずは1つ目。等尺性の筋力強化です。

まず座位になります。

そして片足を持ち上げます。

反対側の上肢で、膝の部分を押します。

つまり、上に持ち上げる力下に押す力拮抗した状態で、10秒程度保持します。

このとき腹筋に力が入っていることを確かめてください。

これを繰り返し行います。

 

 

もう1つご紹介します。等張性の筋力強化エクササイズです。

座位になり両手を頭の後ろに置きます。

 

片脚(イラストでは右膝)を持ち上げ、同時に腹部に力を入れ、反対側の肘(左肘)を膝に近づけます。

体幹をひねる感じのイメージですかね。

 

次に反対側も同様に行います。

つまり片脚(イラストでは左膝)を持ち上げ、同時に腹部に力を入れ、反対側の肘(右肘)を膝に近づけます。

なかなかハードなトレーニングですね。

よろしかったら、ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉