股関節伸筋の筋力強化(立位)

大殿筋を代表とする股関節伸筋は、非常に大切な筋肉です。

文字通り、股関節を伸展方向に動かす作用を持っています。

特に歩行の立脚後期に働き、股関節を伸展させ、

重心の前上方への移動に役立っています。

 

以前に、腹臥位で行う方法をご紹介しました。(こちら→)

 

ですが、高齢者、特に円背が強い方は、うつ伏せになることさえ困難だったりします。枕を抱えたりすることでできることもあるでしょうが、苦手な人も多いでしょう。

そこで、今回は立位で行うバージョンを紹介します。

立位は転倒の危険性がありますが、

何かしっかりしたものにつかまれば、安全に行うことができます。

 

まず、しっかりした椅子やテーブルにつかまります。

背筋を伸ばしたまま、片側の脚を後方に伸展します。

そのまま5秒程度保持したら、ゆっくりと元に戻します。

下肢を後方に上げると、体幹が前傾してしまうことが多いので、注意してください。

殿筋の収縮を意識してもらうと良いでしょう。

〈スポンサーリンク〉