傾斜板を使用した下腿三頭筋(腓腹筋)のストレッチ

〈スポンサーリンク〉



下腿三頭筋のストレッチは、以前にも何回か取り上げてきました。

・一般的な下腿三頭筋ストレッチ(→こちら

・段差を使用した下腿三頭筋のストレッチ(→こちら

 

今回は傾斜板を使用したストレッチについてです。

徒手的にストレッチするのも限界がありますし、

自主トレで自分で伸ばすのも大変です。

今回ご紹介する傾斜板を用いたストレッチは、

重力の力、つまり自重を使うため、

楽に長時間のストレッチができる優れものです。

ただ傾斜板を作るのが、ちょっと大変。

人が乗るものなので耐久性を確保するのも難しいですよね。

事故が起きてもいけませんし。

売っているのもいくつかあるのですが、それらは総じてお高めです。

医療関係のものって、何でこんなに高いのでしょうかね~。

 

とりあえず方法をご紹介しますね。

 

運動の方法

壁に背を向けるようなかたちで、傾斜板(台)を置きます。

壁を背にして、立ちます。

ふくらはぎの筋肉が伸ばされていることを確認します。

やりはじめは、踵の部分が浮いていたとしても、時間の経過とともに

踵が下がってくる場合もあります。

 

運動のポイント

これを行っても改善がみられなかったら、相当頑固な拘縮です。

拘縮じゃなくて、強直骨の変形や癒着で関節の可動域を失うこと)になっているかもしれません。

強直の場合はリハビリでは対応できません。

しっかり適応を考えて、行いましょう。

 

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉