ウォール・チェストストレッチ(大胸筋のストレッチ)

ウォール・チェストストレッチ(大胸筋のストレッチ)

〈スポンサーリンク〉



 

ウォール・チェスト・ストレッチとは

ウォール(壁)を利用して、チェスト(胸)をストレッチですることから、この名前がついているのだと思いますが、

肩の前側、つまり大胸筋部分をストレッチする方法です。(大胸筋は下のイラスト参照)

 

大胸筋が硬くなると、手が上がりづくなります(肩関節伸展方向の可動域制限)。

いわゆる「猫背」になりやすいので、十分にストレッチしたいものです。

 

 

ストレッチの方法

やり方は簡単です。

両足を前後に開いて身体を安定させた上で、ドアに手をつきます。

 

そのまま身体の重心を前方に動かしていき、肩や胸部の前面の筋をストレッチします。(手のひらを壁に押し付けるかたちです。)

胸と肩に軽く伸ばされた感じがするところで深呼吸を行い、そのまま10~30秒保ちます。

(もし伸ばされた感じがなければ、足を1歩踏み出して伸張を促します。)

 

再び元の姿勢に戻ります。

 

是非、やってみましょう。

 

ありがとうございました。

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉