大腿筋膜張筋のストレッチ

〈スポンサーリンク〉



 

大腿筋膜張筋とは?

股関節と膝関節に作用する二関節筋で、臨床上重要な筋の一つです。

股関節の外側部上前腸骨棘大腿筋膜のあたりから始まり、

大腿の前外側を下降し、腸脛靭帯、脛骨の外側についています。

よって大腿筋膜張筋が収縮すれば、股関節を外転させたり、

膝関節を伸展させたりします。

また、大腿の外側面を覆っているため、股関節や膝関節の側方への安定性に寄与しています。

膝OAの方は、大概この筋肉が硬くなっています。

安定性を保とうとして、あえて硬くなっていることもあるので、

ストレッチをするときは注意が必要です。

 

ストレッチの方法

伸ばしたい方の脚を壁に向けて、立位となります。

手を壁につけて、身体を安定させます。

次に伸ばしたい方の脚を半歩引き、内側に動かします。

爪先は外に向けます。(つまりは股関節を伸展、内転、外旋位となります)

体幹は反対側に側屈させます。

大腿の外側が伸ばされていることを確認しながら、じわ~っと伸ばします。

 

ストレッチの注意点

先ほども述べましたが、この筋肉をストレッチし過ぎると、

かえって膝の安定性を阻害することになるかもしれません。

痛みを軽減させるために、必要な場合もあるでしょうが、

安易に行うことはさせた方がいいでしょう。

 

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉