体幹伸展運動(タオルを使用した限局的伸展バージョン)

〈スポンサーリンク〉



本日は、体幹伸展運動です。

 

脊柱の構造

体幹を支持している脊柱は、

頸椎7個胸椎12個腰椎5個仙椎5つ尾骨3~5個

計32~34個の椎骨から成っています。

脊柱自体は大きな可動性をもっていますが、

この可動性は、これら椎骨が構成する椎間関節の総和として表れるものです。

全体が硬くなることもあると思いますが、

一部の関節が限局的に硬いということも実際はありますので、

その部分を意識的にストレッチすることも、ときに必要です。

 

ストレッチの方法

ではやり方です。

まず仰向けに寝ます。

体幹の下、伸展を誘導したい部分丸めたタオルを差し込みます。

 

上肢を挙上し体幹を伸展します。

 

ストレッチのポイント

疼痛が誘発される場合は、枕やタオルの高さを調節します。

頚椎が伸展位になり過ぎる場合は、頭に枕などを入れて調節しましょう。

また、腰に痛みが出る場合は、膝屈曲位で行っても良いと思います。

 

あと、注意点としては、

このストレッチは「どの部分が硬いか」という評価が前提となっていますので、

一般の方が行う場合は、評価が行えるリハビリスタッフ等に相談してくださいね。

 

お付き合いただき、ありがとうございました。

 

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉