ドローイン(腹横筋のトレーニング)

〈スポンサーリンク〉



一世を風靡した「ドローイン」という運動を覚えていますか。

サッカー選手の長友選手がやっていて有名になりましたね。

ブームは去りましたが、定番の1つとなり、いろいろな場面で用いられています。

 

本日はその「ドローイン」をご紹介します。

正式にはドローイング・インなんでしょうかね。

まあ、今回はドローインで統一しますね。

 

ドローインとは?

ドローインは、身体のコアを鍛えることで、

安定性を高めパフォーマンスを高める役割を果たします。

また、同様な理由で腰痛予防腰痛の治療に用いられたりもします。

もはや腰痛対策で欠かせないものとなっているでしょう。

 

運動の方法

では、やり方です。

仰向けに寝て、両膝を立てます。

両手は腰骨の内下方に置きます。

(両手で、腹横筋の収縮を確かめます。

腹横筋は深層にある筋で、多裂筋骨盤底筋群とともに腹部の安定性向上に寄与します。)

まず腹式呼吸から始めます。

腹式呼吸とは、吸う時にお腹を膨らませ、吐く時にお腹を凹ませます。

それを数回繰り返します。

腹式呼吸で息を十分に吐ききったところで、お腹を凹ませたまま、その状態をキープします。

そしてお腹の力は抜かないで凹んだ状態をキープしながら、呼吸を普通に行います。

お腹に力を入れた状態になるので、呼吸は自然と胸式呼吸となります。

最初は10秒程度から始め、慣れたら1分と時間を伸ばしていきます。

 

 

今回は仰向けで行う方法を紹介しましたが、

慣れてきたら座って行ったり立って行ったりもできます。

時と場所を選ばずできます。

長く退屈な会議の最中に、こっそりやることも可能です。

ぜひ、覚えてやってみたい運動ですね。

 

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉