頸部のストレッチ

〈スポンサーリンク〉



人間の頭は重く、成人で約5kgあると言われています。

その頭を支えている頸部には常に大きな負担がかかっています。

頭が、身体の直上に位置しているならともかく、

これが年齢とともに円背になり、脊柱が屈曲した状態だと想像してください。

頭は身体の軸よりかなり前方に位置することになり、

頭を支えるために頸部の後面は、常に過度な緊張を強いられるでしょう。

 

時々意識的にストレッチをすることが大切です。

ではやってみましょう。

 

ストレッチの方法

伸ばしたい側の反対側に頸部を回旋させ、軽く屈曲させます。

そして、伸ばしたい側と反対の手で頭の後側面をつかみます。

そのまま斜め下方に向かって手で引っ張り、

頸部から肩にかけて心地よいストレッチ感を感じてください。

その状態で、逆の手を斜め後方に伸ばすと、更に同部位を伸長することができます。

 

次は前方、屈曲方向のストレッチです。

頸部の後面、つまり板状筋群半棘筋群脊柱起立筋後頭下筋群をストレッチします。

 

頸部を軽く屈曲します。

両手で後頭部をつかみます。

そのまま前下方に引っ張り、頸部の後面を伸長します。

息を吐きながらおこない、気持ちいい痛みがある程度にとどめておきましう。

姿勢改善につなげましょう

ストレッチをした後は、すっきりした感じとともに、頸部や肩が軽くなった感じがすると思います。

ですが、肝心の不良姿勢を改善しない限り、

また頸部の後面は痛くなったり、凝ったりしてしまうでしょう。

 

この機会に、頸部、体幹の位置を見直し

姿勢の改善に取り組んでみてはどうでしょうか。

筋肉のバランスを整えるには時間がかかりますが、

最終的には頸部・肩痛の改善ができます。

「急がば回れ」です。

 

ポチっとお願いします↓


オリジナルイラストランキング

〈スポンサーリンク〉